地域社会への貢献

テキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすと

マーチャンダイジングとロジスティクス

テキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすと

社是に懸けた想い

テキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすと

時代を創った盟友たち

テキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすとテキストてきすと

小林肇の生涯

テキスト

1929年

創業者小林肇 秋田に生まれる

1948年

小林肇 上京して東京・日本橋の岩田商店に奉公する

1965年

小林肇が東京・本郷に株式会社友和商会を創業

1967年

本社を本郷から中野区本町に移転
欧米から家庭雑貨の輸入販売業務を開始

1968年

米国J.C.ペニー社を訪問 欧米型ディストリビーションセンターの研究を実施

1969年

国交回復前の中国買付け団として参加

1969年

株式会社友和に改名/九州地区に進出

1970年

神奈川県伊勢原市に託児所付き第一号欧米型物流センターを稼働

1971年

仙台市に仙台営業所を開設

1972年

長野県川中島に長野営業所を開設
鹿児島市に鹿児島営業所を開設

1973年

札幌営業所を開設

大阪府茨木市に大阪支店を移転

1974年

秋田市に秋田営業所を開設
名古屋市に名古屋営業所を開設
筑紫野市に福岡支店を移転

1975年

創業10周年

ネットワーク型管理システムを導入
札幌営業所を江別市に移転


10月、小林肇社長(当時)は母校である秋田県立能代高等学校へ、創立50周年事業の一環として「自在の像」を寄贈。 (画像:能代高等学校HPより)

「自在の像」誕生の由来

1977年

本社社屋を東京都中野区中央に移転

1978年

広島市に広島営業所を開設
郡山市に郡山営業所を開設

1981年

社内報誌『UFO』発刊

1982年

岩槻市に託児所付き欧米型物流センターを新築/単独型物流管理システム導入

1985年

創業20周年記念として本社に「くらしの広場howdy」と精工舎製マスコウィッツペンギン時計を設置

4月、キャラクター契約のためマスコウィッツ氏が来社

7月、米国サウスランド社が弊社岩槻センターを視察来訪

1986年

新潟市に新潟営業所を移転

1988年

インターナショナルハウスウェアショー出展

1990年

開発輸入業務拡大の為台湾に海外開発拠点の現地法人を設立

1992年

福岡県朝倉市に物流センターを開設
各センターをYDC(友和ディストリビューションセンター)に改称

1993年

YDC秋田、郡山を開設

1994年

YDC山梨、神奈川を開設

1995年

創業30周年
YDC千葉、児玉を開設

1996年

YDC広島、山口、長野、千歳、宮城を順次開設

1997年

中国大連市に現地法人を設立
入間市にYDC入間を開設
佐野市にYDC佐野を開設

1999年

小林肇会長が中国・大連市に貢献した外国人に授与される「星海友誼賞」受賞

YDC伊勢原を規模拡大しリニューアルオープン

2000年

小林敬一が社長就任

関西拠点のYDC岸和田を開設
日本IBMとビジネスパートナーシップを提携

 

2001年

組織の中に中間流通の品質管理を専任で行う「QC室」を設置

2005年

創業40周年
さぬき市にYDCさぬきを開設
環境省チームマイナス6%運動に加盟

2006年

社内危機管理組織を体系化

2007年

大連友和10周年記念イベントを実施


11月、小林肇会長は母校の秋田県 能代市立第五小学校へ、創立130周年記念事業としてモニュメント「夢の翼」を寄贈。

2009年

友和グループ創業45年目をむかえ『Change for Gain』~発展のための改革~を提唱

2010年

創業45周年

2011年

商品品質と物流品質の向上を目的とするクオリティーコントロール本部を新設

2014年

企業セキュリティ強化の為ICカード認証システムを導入

2015年

創業50周年記念式典を開催
未来型物流研究スタート

2016年

卸売業初、経済産業省 製品安全対策優良企業表彰 特別賞受賞

経済産業省HP

盛岡市・八戸市にサテライトオフィスを開設

2017年

YDC朝倉に「未来型プレゼンテーションルーム」を新設

未来型物流研究 第二次スタート

YDC名古屋町屋センターを開設

YDC春日部センターを開設

松山市にサテライトオフィスを開設

社葬御礼

先般、弊社創業者 名誉会長 故 小林 肇 儀 の社葬を執り行いました。

故人は秋田から上京し、日本橋の商家で17年の丁稚奉公の後、昭和40年に創業、多くのお客様に助けられながら、今日の友和グループの礎を築いてまいりました。

創業期に受けた御恩を生涯忘れず、お客様からの信頼を何より大切にしておりました故人の遺志を受け継ぎ、社員一同、今後とも社業の発展に尽くす所存でございます。
会社は新しい時代に合わせ、若返りも図り、大きな改革をしております。
これまでの卸小売事業をライフスタイル事業と位置づけ、より消費者の社会的文化的な価値観に近づけるよう進めてまいる所存でございます。

故人が生前賜りました数多のご厚誼、ご高配に対しまして、心より感謝申し上げますとともに今後ともかわらぬご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社友和 代表取締役社長 小林敬一