第1章:ソーシャルメディアポリシー制定の目的

株式会社友和とそのグループ会社(以下、『YuwaGroup』という。)は、全従業員に対し個人としてソーシャルメディアを利用する事を推奨します。一方で、個人の発信した情報により当社の社会的評価に大きな影響を及ぼしたり、過剰な利用または非常識な利用により業務に支障をきたす事に注意する必要があります。
本ポリシーは、このようなリスクを回避するために順守するべきことを制定しています。

第2章:ソーシャルメディア利用に関する行動指針

YuwaGroupは、ソーシャルメディアの運営、及びYuwaGroup全従業員のソーシャルメディアの利用及び参加に関し、『YuwaGroup ソーシャルメディアポリシー』を定め順守します。
YuwaGroup全従業員はソーシャルメディアの業務利用、及び個人利用に関し、以下に定める『ソーシャルメディア利用に関するガイドライン』『ソーシャルメディア利用規定』を良く理解し、順守する事を求められます。

第3章:ソーシャルメディア利用に関するガイドライン

(1)国ならびに地域の法令の順守はもちろんの事、『株式会社 友和 行動規範』を順守します。
(2)SNS利用にあたり『友和グループ情報セキュリティ管理(YSG-001)』を順守します。
(3)個人の意思表明が、会社の見解と誤解されるような情報提示を行いません。
(4)誤った情報、誤解をまねく情報の発信を行いません。その場合、速やかに訂正を行います。
(5)第三者が開設、運営する各ソーシャルメディアの規定を守り、マナーを尊重します。
(6)誠実で責任ある情報発信を心掛け、批判や攻撃にも冷静に対処します。

第4章:ソーシャルメディア利用規定

利用に際し、以下の行為及びその恐れのある行為を行わないものとします。
尚、以下の『第三者』にはYuwaGroupも含まれるものとします。
(1) 第三者の権利・利益を侵害する行為。
(2) 第三者への誹謗中傷、侮辱、プライバシーの棄損、個人情報の暴露、業務を妨害する行為。
(3) 第三者へのコンピュータウイルスなどの有害なプログラムやファイルを発信する行為。
(4) 公職選挙法に違反する行為。
(5) 宗教団体やその他の団体・組織への勧誘行為。
(6) 出資、寄付、資金提供、物品やサービスの購入などを勧誘する行為。
(7) SNS利用規約、公序良俗、法令もしくは刑罰法規に違反する行為。
(8) その他、YuwaGroupが不適切と判断する行為。

第5章:ソーシャルメディア利用規定(細則)

第4章の各項目に関連する細則として、以下の行為及びその恐れのある行為を行わないものとします。
(1)会社の業務上知り得た情報や、特定の企業の機密情報などを無断で発信する行為。
(2)取引先名やブランド名、社員個人や取引先の個人が識別できるような書き込みや写真の投稿。
(3)その他、会社情報(商品情報、人事や売上などの社内情報)、取引先企業情報などについての書き込み。
(4)事実として確認されていない曖昧な情報を発信する行為。

※既に、『YUWA GROUP ソーシャルメディアポリシー』に記載されている禁止行為及び事項に該当する書き込み及び投稿を行っている場合は、速やかに削除を行って下さい。

YuwaGroupでは、全従業員に対し、ソーシャルメディアの利用、及び参加に関するポリシーを以上のように定めます。全従業員がこのポリシー、及びガイドライン、規定を理解し、節度ある態度で対応を行う事を求めます。
尚、『YUWA GROUP ソーシャルメディアポリシー』に記載されている禁止行為及び事項に該当する書き込み及び投稿を行った場合は、会社として処罰の対象となります。

コンプライアンス委員会
制定:2017年7月18日
改定:2018年8月31日
文書管理No.YQC09‐02J-Ver.2