1965年

創業者小林肇が文京区本郷に株式会社友和商会を創業

1967年

本社を本郷から中野区本町に移転
欧米から家庭雑貨の輸入販売業務を開始

1968年

米国J.C.ペニー社を訪問 欧米型ディストリビーションセンターの研究を実施

1969年

国交回復前の中国買付け団として参加

1969年

株式会社友和に改名/九州地区に進出

1970年

神奈川県伊勢原市に託児所付き第一号欧米型物流センターを稼働

1971年

仙台市に仙台営業所を開設

1972年

長野県川中島に長野営業所を開設
鹿児島市に鹿児島営業所を開設

1973年

札幌営業所を開設
大阪府茨木市に大阪支店を移転

1974年

秋田市に秋田営業所を開設
名古屋市に名古屋営業所を開設
筑紫野市に福岡支店を移転

1975年

創業10周年
ネットワーク型管理システムを導入
札幌営業所を江別市に移転

1977年

本社社屋を東京都中野区中央に移転

1978年

広島市に広島営業所を開設
郡山市に郡山営業所を開設

1981年

社内報誌『UFO』発刊

1982年

岩槻市に託児所付き欧米型物流センターを新築/単独型物流管理システム導入

1985年

創業20周年
記念として本社に『くらしの広場・howdy 』と精工舎製マスコウィツッペンギン時計を設置

1986年

新潟市に新潟営業所を移転

1990年

開発輸入業務拡大の為台湾に海外開発拠点の現地法人を設立

1992年

福岡県朝倉市に物流センターを開設
各センターをYDC(友和ディストリビューションセンター)に改称

1993年

YDC秋田、郡山を開設

1994年

YDC入間、山梨、神奈川を順次開設

1995年

創業30周年
YDC千葉、児玉を開設

1996年

YDC広島、山口、長野、千歳、宮城を順次開設

1997年

入間市にYDC入間を開設
佐野市にYDC佐野を開設
中国大連市に現地法人を設立

1999年

YDC伊勢原を規模拡大しリニューアルオープン

2000年

小林敬一が社長就任
関西拠点のYDC岸和田を開設
日本IBMとビジネスパートナーシップを提携

2001年

組織の中に中間流通の品質管理を専任で行う「QC室」を設置

2004年

「環境委員会」を設置

2005年

創業40周年
さぬき市にYDCさぬきを開設
環境省チームマイナス6%運動に加盟

2006年

社内危機管理組織を体系化

2007年

大連友和10周年記念イベントを実施

2009年

友和グループ創業45年目をむかえ『Change for Gain』~発展のための改革~を提唱

2010年

創業45周年

2011年

環境省チャレンジ25キャンペーン参画

2011年

商品品質と物流品質の向上を目的とするクオリティーコントロール本部を新設

2014年

企業セキュリティ強化の為ICカード認証システムを導入

2015年

創業50周年記念式典を開催
未来型物流研究スタート

2016年

YDC朝倉に新コンセプト展示室を開設

卸売業初、経済産業省 製品安全対策優良企業表彰 特別賞受賞

盛岡市・八戸市にサテライトオフィスを開設

2017年

未来型物流研究 第二次スタート

YDC名古屋町屋センターを開設

YDC春日部センターを開設

松山市にサテライトオフィスを開設

1965年(昭和40年)友和商会
創業当時の社屋

友和の歴史はここから始まりました

創業時の社旗

 

社章に込めた想い

1982年に現在の社章が完成しました。この楕円形は「決して丸くならず、変化に対応し、挑戦し続ける企業でありたい」という想いが込められています。また、友和の頭文字である「Y」と、当時、創業18年という若さ、YOUNGの「Y」が、躍動感あふれる流線型であらわされています。